お金を借りるなら可能な限りリスクの少ない所です

お金を借りずに済めば、それはもちろん一番良い事です。
しかしながらお金をどうしても借りないといけない場面は出てきます。

・お金を借りるとすれば(低額)
100万円くらいまでであれば個人もしくは消費者金融です。
個人の中なら、可能性が高い順に 両親>祖父母>兄弟 です。
両親ならば本音を言えますし、返済期限も厳しくはありません。

祖父母が健在でお金に困っていないなら、祖父母と両親はほぼ同格の優先順位です。
祖父母は孫に対して無条件の優しさを持っている事が多く、
頼めばお金を貸してくれるでしょう。しかし、物事の順番としてまずは両親に頼むのが筋だと考えます。

兄弟にはあまり借りたくありませんが、個人の中で選ぶなら可能性は少しあります。
兄弟は大人になれば他人に近い存在となります。
それぞれが家庭を持っていますので昔とは考え方も変わっているでしょうし、
何より自分と同じ位の年齢ですのでお金に余裕がある可能性も低いと考えられます。

さて、友人に関しては絶対にお金を借りません。
関係が崩れますし、今の時代ですと様々なツールで情報が拡散します。
仮にあったとして数千円レベルを数日以内のみ、という位でしょうか。

最後に消費者金融ですがこちらは10万円までで、
かつ、1~2週間以内に確実にお金を返せるというのであれば使用しても良いかと思います。
出先で急な出費があり、預金のある銀行が近くにないなど、状況によっては便利かもしれません。

お金を借りるなら(高額)
銀行一択です。
しっかりと審査を受け、書類のやり取りをし、
返済もきちんとおこなっていくので確実です。
ただ、不景気になる事も考え、昇給やボーナスを見据えてローンを組むのは
止めたほうがよいと思います。