私が感じているお金のイメージについて

人が生きていくために、お金はなくてはならないものです。

お金が無ければ食べる物も着る物も手に入れることは出来ません。

お金なくして人が暮らしていくことはほとんど不可能でしょう。

生きるために必要なお金は、働いた対価として手に入れることが出来ます。

だから人は生きるために働くのだと思います。

お金を沢山稼ぐことが出来れば、それだけ不自由の無い暮らしが出来ます。

でも日本人は特にお金に関してマイナスなイメージを持っている人が多い気がします。

お金儲けをしている人を嫌な目で見たり、仲良しな間柄でもお金の話題は避けるという人はきっと沢山いると思います。

そんなマイナスなイメージをお金に抱いている一方で、心の中では「お金持ちになりたい」とこっそり思っている人も大勢いると思います。

私も今まではお金に対してマイナスなイメージばかり持っていました。

でも本当は欲しいのに…必要なのに、嫌な物のようにお金を扱うのは違うのではないかと最近思うようになりました。

誰だって自分の事を良く思っていない人に近づきたいとは思いません。

お金も同じです。

自分が嫌な目で見続けていたら、きっとお金は近づいてくることはないでしょう。

お金は生活のために必要な存在なのはもちろんですが、自分の可能性を広げる役割もあるのではないかと思っています。

お金があれば、例えば今まで躊躇していて出来なかった事を始められるかもしれません。

始めることが出来れば、その先に更に素晴らしい未来が待っているかもしれません。

それによって、自分の中の世界が変わるかもしれないのです。

経済的な問題だけでなく、精神的にも豊かに暮らしていくためにもお金はとても大切なものです。

だから私は、お金に対して好意と敬意を持って接するように心がけています。

http://ff13-2.jp/