専用石鹸とスプレーで臭いを抑えています

汗をかいて陰部が蒸れた時、生理中やその前後、体調が悪い時に下着を穿いていてもツンとした臭いが漂ってきます。
外に出かけたり歩いている時は判りにくいのですが、電車や家・お店で座ってじっとしていると、陰部からの臭いがするのです。
彼氏や友達が「この辺変な臭いするね」と言ってきた事もあり、その時は必死に話を合わせて知らないフリをしました。
でも私と一緒に居る時だけあの臭いがするので、私が原因なのではと陰で言われていないかとても不安です。

臭いを少しでも抑えようと汗を吸収しやすい素材の下着をつけたり、専用石鹸やシートで洗ったり拭いています。
食べ物も臭いのキツイ物は避けて、おりもの・生理ナプキンも小まめに替えるように気を付けています。
陰部のかゆみ薬も毎日欠かさずに塗るようにしています。

一番効果があるなと思った石鹸はコラージュフルフルのコラージュフルフル泡石鹸です。
ポンプ式でいつでもふわふわな泡を簡単に出せますし、細菌等の抗菌作用もあります。
使い始めてから臭いがあまりしなくなったように思いますし、以前は蒸れると痒かったのが、全く痒みがなくなりました。

外出時はSummer’s Eveのフェミニンフレッシュネススプレーを愛用しています。
脇用の制汗剤みたいなもので、蒸れやすい時期には下着、ストッキングやタイツ越しにこれをシュッと吹きかけておくのです。
ちょっと大きめですが持ち歩けるサイズですし、出かけ先で汗ばんで蒸れたなと思った時にトイレで一吹きしています。
これがあると臭いもそんなにしなくなるので必需品です。

金額にもよりますが、基本的には誰にでも起こりうる

どうしてもお金が必要になるシーンというのは誰にでも、そしていつでもどこでも起こりうることです。

なので、借金に対してはそれほどマイナスのイメージはありませんね。

むしろ当たり前の事というか、まあ、そうならないに越したことはありませんが、なかなか現代社会ではねえ。

難しいものがありますよ。

ですから、そうなった場合の対処法というものを考えておかなければいけないのかもしれませんね。

さて、単にお金が必要になるとはいっても、その金額はまちまちです。

夕食代くらいのものなのか、はたまた100万円を超えるような大型の借金なのか、という風に金額によってその対処法は変わってくるように思います、

まあ10万円くらいまでなら自分でなんとかできるかもしれませんね。例えば、質屋やリサイクルショップを活用すればそれなりの金額にはなるでしょう。

もしくは友人や知人、交際中の異性なんかにも頼みやすい金額ではないでしょうか。

ですが10万円を超えるとなると、いかに仲の良い知り合いだといっても頼みづらい印象があります。

私なら、そんな場合にはまずは実家をあたることになるでしょう。

というのも、身内の借金ならば、ある程度までは責任を負う必要があると思っているからです。

ですから、私以外の誰か身内が借金をして、すぐにでもお金を必要としているならば、当然のことながら手を貸すつもりです。

今のところ、それほど多額の借金をしたことはありませんが、その際には身内同士で助け合って、これまでのピンチをしのいできました。