グレーのTシャツを着たらとんでもない事になってしまう

人と比べると、脇汗をかきやすい体質らしく、本当に嫌になってしまいます。

何が嫌かって、Tシャツに汗ジミができた時のあの、虚しさと言ったら・・。

テレビ番組なんかを見ているとお笑い芸人の方が、学園物のコントの中で、脇の下に手を当てて「ハイッ」なんて言いながら手を挙げているシーンを見かけますが、私もあんな感じで脇の下に手を当てていなければ、とてもじゃありませんが、腕を上げることができません。

なんかねえ、脇の下に汗を大量にかいていると、周りの人に対して不快な印象を与えやしないかと、ものすごくビクビクしていしまうんですよね。

しかもね、非常に残念な事に、私はワキガという悲しき症状も兼ね備えているため、夏場の対策には人一倍気を使わなければならないのです。

さて、そんな私が、脇汗のために講じている対策の1つとして、「グレーのTシャツを着用しない」という事が挙げられます。

というのも、グレーのTシャツは、その他のカラーと違って非常に汗ジミが目立ちやすく、私のような多汗症の人間が着用すれば、真夏の炎天下においては、一瞬で脇の下が真っ黒になってしまうんです。

個人的には、グレーというのはとても好きなカラーなので、本当に残念で仕方ありません。

洋服屋さんなんかに足を運んでみると、グレーTシャツにはかなりオシャレなデザインのモノが多いように見受けられますからね。

私としては、グレーTシャツで思う存分オシャレを楽しみたいのですが、うーん、今のところ、それが叶うことはなさそうです。