止まらない鼻水とつらい目のかゆみ、私の対処法

そろそろ本格的な花粉症の季節がやってきます。花粉症の季節になると、くしゃみ・鼻水・目のかゆみ・軽い風邪のような症状などいくつかの症状があらわれますが、その中でも気になるのが鼻水と目のかゆみです。

鼻水はくしゃみをするととたんに出てきて、急いで鼻をかまないと鼻水が口の方までたれてしまうので、くしゃみをほんの少し我慢してその間にティッシュの存在を確認してからくしゃみをするようにしています。私の場合はくしゃみをしなければ鼻水はそれほどひどくないので、くしゃみをしないことが対処法になりますが、やはりマスクで花粉をブロックすることで対処しています。マスクは外だけでなく、家の中でも、夜寝るときにもマスクをしています。マスクを外すのは食事をするときと、お風呂に入るときぐらいです。ほぼ一日中マスクをしていることになりますが、こうすることでだいぶ花粉をブロックすることができるようになりました。

目のかゆみについては、かゆみ自体はもちろん悩ましいのですが、目のまわりをこすりすぎて皮膚がしわしわになってしまう見た目も悩みのひとつです。ゴーグルをして外出するのはまだ抵抗があるのでやったことはありませんが、風の強い日の外出は極力さけるということで対処しています。例えば風の強い日に外でスポーツをするとそれから2、3日はずっと目がかゆい状態が続きとてもつらいので、花粉の季節のスポーツなどは特に避けるようにしています。

花粉の飛ぶ時期は不要な外出を避け、常にマスクをすることで対処しています。